HGUC【リ・ガズィ】1/144ガンプラレビュー

HGUC1/144「リ・ガジィ」のガンプラをレビューしていきます。

リ・ガジィ(RGZ-91)は映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場して、アムロ・レイが搭乗していました。

このキットは、BWS(バックウェポンシステム)を差し替えることで、変形することも可能です。

映画では、最初のところですぐにモビルスーツになってしまいますが、ガンプラならじっくり見ることができます。

ちなみにこのキット小学生の息子が、誕生日にガンプラが欲しいと言って、初めて選んで組んだものです。

そのため、えぐれやランナーあと、パーツがない破損を乗り越えて完成しました。

HGUC【リ・ガズィ】レビュー/正面・横・後ろ姿

まずは正面からぐるりと見ていきましょう。

リ・ガジィ(Re-GZ)はリファイン・ガンダム・ゼータ(Refined Gundam Zeta)の略称だけあってシルエットは、Zガンダムに似ています。

リ・ガズィレビュー正面

シンプルなデザインやジムなんかに近い水色系のカラーもあって映画を見たときも正直なところ印象が薄かったです。

アムロが搭乗していた機体として、ディジェのようにあとからジワジワ好きになってくるモビルスーツです。

Zガンダムの量産化を目的としているので、複雑な変形機構はなくなり、背中のバックパックもシンプルになっています。

HGUCリ・ガズィレビュー/詳細

メインカメラなどはシールで再現しています。

アンテナは、柔らかい素材で自分で曲げて取り付けます。

小学生には難しかったようで、代わりにつけました。

その代わり柔らかい素材だから、遊んでアンテナが折れる可能性が低くなります。

顔の横に、かなりえぐれたところがありますな。

変形するので脚の部分に若干部品が多いけど、小学生低学年でも難なく組むことができます。

HGUC【リ・ガズィ】レビュー/可動範囲のチェック

HGUCリ・ガジィの可動域も見てみましょう。

頭部は襟があるけどしっかり左右に回り、上下にも動かせます。

腕もしっかりあげることができ、良く動きます。

肘は最新のHGに比べると劣りますが、問題ないレベルで曲がります。

手首もくいっっとできます。

脚はスカートが長めなこともあって、これぐらいの可動域です。

膝もよく曲がり、ヒザ立ちも何とかできるレベルです。

腰はぐるりと回ります。

HGUC【リ・ガズィ】レビュー/武装チェック

HGUCリ・ガジィに付属する武装は、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、シールドとなっています。

その他、両腕に計4発腕部グレネードとサイドアーマーに腰部グレネードが4発装備されています。

ビーム・ライフルとシールドを装備してみました。

腰部グレネードも再現されています。

パーツがしっかりはまっていないな。

腕部グレネードも色分けされていないです。

後から気がつきましたが、グレネードはカバーが開閉して露出するはずなのに、カバーがついていないですね。

「カバーどこいったんや?」

HGUC Re-GZ(リ・ガジィ)レビュー/スペース・ファイター形態

HGUCリ・ガジィは差し替えることで、スペース・ファイターに変形ができます。

変形時の機能を集約したモジュールをB.W.S(バック・ウェポン・システム)と呼んでします。

B.E.Sはブースターパックとも呼ばれウェブライダー形態から一撃離脱の戦法を行うのが目的です。

変形の様子を見ていきましょう。

こちらがリ・ガジィ専用のS.FS.(サブ・フライト・システム)です。

主な武装は先端のメガ・ビーム・キャノンと左右のビーム・キャノンです。

画像ではわかりにくいですが、小学生の息子が組み立てている最中に踏みつけてしまい、真ん中あたりが割れてしまいました。

翼の青色はシールなっています。

かろうじてバラバラにならなくて済みました。

正面からみるとへしゃけているのがわかります。

映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」では、変形してフライトシステムどうなったの?となるぐらい一瞬のシーンでしたよね。

まさしく一撃離脱の戦法なのですが、フライトシステムは使い捨てということなのでしょうか。

変形時は、まず肩のパーツを下げます。

膝と足首部分を変形させます。

羽のパーツを外して、本体をリ・ガジィのバックパックに取り付けます。

HGUCリ・ガジィスペース・ファイターに変形する

ビームサーベルのケースにはまります。

シールドにビーム・ライフルを装着します。

シールドに接続用のパーツをつけて、リ・ガジィを挟み込むように本体に取り付けます。

リ・ガジィからスペース・ファイターに変形できました。

HGUCリ・ガジィレビュースペース・ファイター

リ・ガジィ、スペース・ファイターの横姿。

スペース・ファイター後ろ姿。

存在感ある大きさでかっこいいです。

スペース・ファイターに変形した時もアクションベースに接続することができます。

HGUC【リ・ガズィ】レビュー/ポーズチェック

ここからはHGUCリ・ガジィのアクションポーズをらずらと見ていきます。

ビーム・ライフルを構えるリ・ガジィ。

ビーム・サーベルを構えるリ・ガジィ。

腕部グレネードを発射!

「カバーはどこにいったんだ!!」

ビーム・サーベルは2本付属しているので、二刀流もできます。

HGUCリ・ガジィレビューまとめ

HGUC【リ・ガズィ】レビュービームサーベル構え

息子が誕生日プレゼントで、ガンプラが欲しいと言ってまさか最初にチョイスするとは思わなかった「リ・ガジィ」ですが、ちゃんと見てみるとスタイルもよく変形するしよくできているなと思いました。

本当は「サザビィ」を買うと言って、家を出たはずだったのにプラモ売り場で気が変わったわけです。

なかなかのマイノリティ派だと思いました。

HGUCリ・ガジィは、しらべてみると2008年発売、それにしては可動範囲も色分けもよくできていると思います。

息子アは次に「ヤクト・ドーガ」が欲しいと言い出しています。

しかし、その理由が「ファンネルのエフェクトパーツがほしい」

最近、組んだドライセンの「トライ・ブレード」を取り付けたいからだそうです(汗


HGUCリ・ガジィ製品詳細

価格 3,080円(税10%込)
発売日 2008年01月19日
対象年齢 8歳以上